無知はトラブルのもと

トラブルになりやすいのは、仲介手数料の金額や、支払いの時期です。 仲介手数料には上限がありますし、支払いも契約が決まってからで良いのです。 この金額が高かったり、支払いを早く強要されるような所は気を付けましょう。 私達もこのような知識を知らなければ言われるままになりますので、知識をつけましょう。

美味しい話にはやっぱり注意?

手数料が無料だなんてお得だ、と思って何も考えず契約するのはちょっと待ってください。 美味しい話には裏があると言いますが、やはりその無料にした分の穴をどこかで埋めようとしてあるのがカラクリです。 それは不動産業者にとっても利益は必要ですから、当然のことですが、もし不当な穴埋めであるならば注意が必要です。

自社の利益を優先する悪徳業者

仲介手数料が欲しいがために悪知恵を働かせる業者があります。 よく行われる手口は「囲い込み」と呼ばれるものです。 これは不動産業者だからできる、情報の操作を手口とし、依頼者の利益より、自社の利益を優先させるものです。 これが具体的にどのような手口かを知り、事前に防げるようにしましょう。

仲介手数料について

私達の生活の中で、住まいという存在は欠かせません。
ですから、家を貸す、家を借りる、家を売る、家を買う、このどれかのようなシーンを経験する人がほとんどではないでしょうか。
このような時、不動産業者を通して契約をする際に、ご存知の通り、仲介手数料が発生します。
名前の如くですが、仲介手数料とは、貸主、借主、売主、買主、との間を仲介し、契約を成立させる事ができた事に対する不動産業者への報酬のことを言います。
ですから当然、契約が成立したうえでの話になるのですが、これが今、「仮契約という名目の契約をさせられていた」というトラブルが起きたり、仲介手数料の金額を強要してきたり、様々なトラブルになっています。
私達は不動産についての知識は詳しく知りませんから、言われるがままになりやすいのです。
不動産業者が「こうだ」と言えば、「そうなのか」と思うしかありません。
また、業者は営業のプロですから、怪しい顔など微塵も見せないので、こちらは人柄を信じてしまうものです。
もちろん、誠実で、心を込めて対応して下さる業者も多くいますから、悪徳な業者のせいで、全ての不動産業者に疑ってかかれというわけではありません。
しかし、無知は怖いものです。
私達も少しでも知識を知っておけば、「ん?これはおかしい気がする」と気づくことができ、気づけば質問したり、確認したりもできます。
言われるがままの契約にならず、お互いに理解、納得して契約を気持ちよく結べるようにしておきましょう。


TOP