美味しい話にはやっぱり注意?

なぜ手数料無料にできるのか

近頃、仲介手数料無料という不動産業者も増えてきました。
「仲介手数料を無料にする分、引っ越し代や家具代に充てれます」という良心的であり、美味しい話です。
そもそも、なぜ無料にできるのでしょうか。
不動産業者は、売主側が依頼した業者、買主側が依頼した業者、それぞれが依頼された方から仲介手数料という報酬をもらえます。
しかし、一つの不動産業者が売主と買主の両方を仲介したならば、売主と買主のそれぞれから仲介手数料をもらえるのです。
手数料を無料にできるのは、この後者の業者です。
両方からもらうのではなく、どちらか一方からもらうので、どちらかは無料にすることもできるというわけです。
つまり、「売主から買主の分も手数料を頂くので、買主側は無料でいいですよ」というカラクリになっているのです。
逆パターンもありますし、賃貸の場合も貸主側が支払っている場合があります。

仲介手数料無料は怖いのか

手数料無料の業者は危ない所なのか、というと、そうとは限りません。
不動産業者も良心的にそのような方法をとっている所もありますし、貸主、売主側も、早く契約が決まりたくて、手数料を負担してでも売り出している場合があります。
しかし、無料にした分の負担がどこにかかっているのか、という事は見極めておく必要があります。
例えば賃貸の場合、手数料が無料の代わりに、毎月の賃料が相場より高めであったり、本来は払わなくて良い代金(鍵の交換代、事務手数料、室内清掃代など)を払う契約になっていたり、加入しなくても良いサービスを勧めてきたりすることがあります。
本当に払う必要がある代金か、また、毎月の支払いの方が高額にならないか、などを見極めて契約することが大切です。
また、広告料が出ない物件は紹介してもらいにくい欠点もあります。
売買においても、手数料以外の広告費を請求されたり、売却価格を値切られるという事例もあります。



TOP