自社の利益を優先する悪徳業者

悪徳手口のやり方

「両手取引」を利用した手口、「囲い込み」とも呼ばれる手口があります。
「両手取引」とは、一つの不動産業者が、売主と買主の両方の仲介を請け負うことです。
これにより、不動産業者は両方からの手数料を得ることができ、利益を大きく得れます。
この方法は、売主にとっても、早く物件が売れやすい、というメリットがありますが、業者が手数料を欲しいがために、より高く売れる買主を探してくれるよりも、自社で買主が現れることを優先されるケースがあります。
例えば、他の業者ではもっと高く買い取ってくれる買主が現れるかもしれないのに、そちらに売れてしまえば自社の利益がないので、それを防ぐため、不動産情報を公開しないという手口です。
つまり、物件情報交換ができる「レインズ」というシステムから情報を遮断するのです。
そうなると、買主がなかなか見つからず、値下げを勧めてこられ、結局、売却価格を下げざるを得なくなるという始末です。

「囲い込み」を防ぐには

「囲い込み」の手口に巻き込まれないためには、複数の不動産業者と契約ができる手段を選んだ方が良いです。
仲介を依頼する業者と結ぶ媒介契約には3種類あり、「一般媒介」「専任媒介」「専属専任媒介」があります。
この中で、複数の業者と契約できる「一般媒介」を選べば、他の業者の意見も聞くことができ、「囲い込み」をされることは防げるでしょう。

また、不動産業者の「免許番号」から信頼度を判断することもできます。
不動産業者は、国土交通省か都道府県知事から免許を得ており、それぞれの会社に「免許番号」があります。
この番号を見ると、免許更新回数を知ることができる数字があります。
この数字が小さいという事は、「創設年数が浅い」または「過去に免許取り消し処分を行政から受けた可能性がある」と判断できるのです。
年数が浅い場合は信頼できないというわけではありませんが、実績が多いという面では信頼に値しやすいですよね。



TOP